ワキガの人が念頭に置く必要があること

ワキガの人が念頭に置く必要があることについての解説記事です。

 

ワキガは治すのにやることがあって、食生活変化でワキガ体質の人が増えてくるのは間違いありません。そしてアポクリン腺数は遺伝形質により生まれたときから決定されています。
そして食生活、ワキガの関係はまだ研究途上です。

 

食べ物、体臭の関係で体臭が気になるときは体が酸化しやすい状況。体から出て不快という感覚を生じさせてしまう臭い物質の多くは体内、皮脂腺で酸化反応といった過程を経て作られるのがほとんど。体内で不快な臭い成分が酸化して生成されやすい状況は、活性酸素が生じやすい環境。

 

通常の状態では健康な方の血液は弱アルカリ性。これが酸性に傾きやすい状況は、体の抵抗力が落ちていろいろな不調になりやすい状況で同時に体臭も造られやすいです。体臭予防のため常に過アルカリ傾向に保っておくことが大事。

 

血液を弱アルカリ性に保つにはどうすれば良いのでしょう。アルカリ性食品ばかり食べればいいのではなく、体は酸性食品も一緒に必要としていて、体臭予防のための食生活は肉類を食べれば必ずアルカリ性食品で中和をしておきましょう。

 

ワキガを治すのなら、以上の内容を念頭に入れておきましょう。

 

ワキガを治す方法 治療について